多くの人が自己破産という言葉に対して抵抗感を持つかと思いますが、自己破産というのは法的にも認められた債務者の救済処置であり、大袈裟に言えば人生をやり直すための手段となります。

借りたお金をどうしても返済することが出来なくなってしまった場合、この自己破産を申請することで、持っている様々な財産を失うことになりますが、生活に必要な最低限のものに関してはそのまま残ります。

自己破産後に仕事をして収入が発生すれば、そのまま全て自分で自由に使うことが出来ますし、周囲の人にも基本的には知られることは無いため、社会的制裁というワケではありません。

しかし自己破産をすると、新規のキャッシングやローンの利用は出来なくなることから、消費者金融や銀行系カードローンへ申込みをしたとしても審査で確実に断られてしまいます。

申込書に自己破産をした事実を書かなかったとしても、個人信用情報機関には自己破産をした事実が記録されていることから、向こう数年間多少の不自由を感じるかもしれません。

それでも自分自身の人生をもう一度考える期間でもあるのですから、消費者金融のキャッシングや銀行系カードローンが利用出来ないのは当然のことだと言えます。お金借りるところはココ